英単語帳(toeic)ドリル5。うまい付箋の使い方とは?

英単語の暗記の練習は進んでますか?

忘れてしまっても、気にせず、反復練習しましょう。

英語は勉強ではなく、スポーツだと思って、立ち向かいましょう。

スポーツはまず基本をやりますよね、ゴルフにしろ、野球しろ、空手にしろ、剣道にしろサッカーにしろ、何でもそうですが、素振りだったり、正拳突きだったり、ドリブルだったり、プロになろうが、オリンピック選手だろうが、まず、やりますよね。

マラソンの選手ならジョギングをやるみたいに。

スポンサードリンク

よく、辞書や英単語帳に付箋を貼っている人がいますが、あれは、知らない重要単語や人によっては、類義語を書いているようです。

おすすめの英単語の暗記の付箋の使い方

おすすめの方法は調べた単語と意味を付箋の表に英語、裏に日本語を書き、机の前に貼ります、2か所、場所を作ります。

家族の人に文句を言われなければ、トイレでもいいです。

それで、まずは、新しく書いた単語の付箋をどんどん貼っていきます。

次の日に英語を見て、日本語を言えたら、違う場所に覚えた単語を移動します。

日をかえて、その覚えたグループの単語を言えたら、その伏線は捨てます。

覚えていなかったら、最初の場所に移動します。

これの繰り返しです。

暗記の確実性を高めたかったら、もう1か所つくって、2回目に言えたら、捨てるというふうにしてもいいです。

これは、本来は名刺の英単語カードの束を分けていく方法ですが、それを付箋に応用して、視覚的に自分の英単語の知識がわかるようにしたものです。

まとめ

英語の場合は音読などもそうだとは思いますが、大事なことは、知っていること、わかっていることを何度も繰り返すということが基本になるのではないでしょうか?

kashi6110 01a 150x150 英単語帳(toeic)ドリル5。うまい付箋の使い方とは?

ですから、まずは時間がかかっても、1回覚える。

その覚えたものは次からは、自分の基礎、基本になりますので、何度も繰り返す。

それが大事です。

1度覚えたからといって、放置するから、忘れてしまって、モチベーションが下がって、勉強をやめてしまうのです。

自分のベースを構築していきましょう。

では、単語の暗記練習です。

1番~10番

1 performance,n
2 close,a
3 secure,v
4 replacement,n
5 be entitled to,i
6 be subject to,i
7 resident,n
8 indicative,a
9 vary,v
10 mutual,a

11番~20番

11 surrounding,a
12 respective,a
13 dispose,v
14 notice,n
15 allow,v
16 specifically,ad
17 through,pr
18 colleague,n
19 be eligible to,i
20 essential,a

前回ドリル
次回ドリル


ランキングに参加しています。
よかったら、ぽちっとな♪


にほんブログ村 英語ブログ やり直し英語へ

コメントを残す

サブコンテンツ

TOEICに出る英単語形容詞ドリル

単語帳(クリックで意味表示)

ローマの休日スクリプト訳

最近のコメント

このページの先頭へ